デジタルイラストを始めるために必要なもの

ここでのデジタルイラストとは、パソコンを使ってお絵描きすることを指します。

パソコンを使ってのお絵描きっていうと、難しそうなイメージですが、誰でも簡単に始める事ができます。理由としては以前より、ペイントソフトの操作が簡単になったこと、パソコンでお絵かきする人が増えてきたことにあります。

お絵かきするのに、多少用語などがありますが、1度覚えてしまえば、どのペイントツールも操作は同じなので、迷うことなくデジタルイラスト制作することができます。私もデジタルイラストをはじめたばかりの頃は、パソコンについて何もわかりませんでした。ですが、今ではサクサクお絵描きを楽しんでます。はじめは誰でも初心者なので、ゆっくりと覚えていきましょう。デジタルでお絵かきしてみようかなと思っているなら、ぜひ挑戦してみてください。

今回の記事は中級者~上級者ではなく、初心者さん向けになります。参考になれば幸いです。

デジタルお絵かきに必要な道具を揃えよう!

はじめに、デジタルイラストを始めるために最低限必要となる道具をご紹介します。
※すべての道具を買い替え・購入する必要はないです。

パソコン本体について

デジタルイラストはパソコンを使って絵を描くことになります。パソコンには、デスクトップとノート2つの種類があります。どちらを使うべきかは、人それぞれですが、デジタルイラスト制作では、デスクトップパソコンをおすすめします。
デジタルの場合は、ノートPCよりも、デスクトップPCの方がメリット多いので、持ち運びする必要がない場合はデスクトップPCを選ぶようにしましょう。

パソコンは、ペイントソフトを操作して、動作に問題ないならそのまま使えます。ただし、お絵かきソフト(ペイントソフト)を起動してみて、フリーズ(画面がかたまる)したり、動作がカクカクなっているなら別のお絵かきソフトを使ってみるか、動作が安定しないようなら、パソコン本体の買い替えが必要になってきます。買い替えの際は、高価な最新のパソコンじゃなくても大丈夫です!

パソコンの選び方が分からない方は「パソコンの基本性能」の記事も参考にしてみてください。

一世代前の古いPCを使っているなら、ソフトによっては動作が重くなることがあります。
使うお絵かきソフトによって動作が軽いものもたくさんあります。

BTOパソコンを使ってみる

パソコンは高価だと思っている方もいると思います。家電屋さんのPCは使わないソフトもたくさんついていたり、既製品なので、その分、本体の価格が高くなってしまいます。そんなときには、BTOパソコンなどを利用すると、安くパソコンを購入できる場合があります。BTOパソコンは、自分の好きなようにパーツを選んで、ショップが作ってくれるので、初心者でも簡単に利用することができます。CPUなどが最新のモデルじゃなければ、安くパソコンを入手することができます。

ちなみに私はBTOパソコン大手のドスパラで購入しました。

詳しくは「イラストレーターのBTOパソコンの選び方」を参考にしてみてくださいね。

モニター(ディスプレイ)を選ぼう!

ノートパソコンを使っている場合は、ディスプレイがあるのでそのまま使用します。デスクトップPCの場合も今使っているモニターで、画面が見やすいならそのままでOKです。

これからデジタルイラスト制作をするために、新しいものを用意する方なら、モニターはなるべく大きめなものを選んだ方が絵を描きやすいです。画面の見やすさや目の疲れづらさを考えると〔20インチ以上〕 がいいと思います。モニターが大きいことで、ペイントソフトの表示領域が大きくなるので、絵が描きやすくなりますし、長時間作業時に目が疲れにくいです。

それと、大きいサイズのモニターだと、ブラウザや参考画像を並べながら絵を描けるので、イラスト作業も捗ります。私は15インチから23インチにしたのですが、絵の描きやすさがだいぶ改善されました。今は20インチ以上の大きめな液晶モニターでも、メーカーによりますが、大体2万円ほどで選べます。

参考記事:イラスト用モニターの選び方

キーボードとマウス

今使っているキーボードやマウスが使いやすいなら、問題ないです。マウスは、ペンタブレットのペン操作が代わりになるので、使わないことが多いですが、キーボードはペイントソフトの「ショートカット」機能を使うため、特に使いやすいものを選びましょう。

○ショートカットを多く使う人に向いているキーボード

片手で操作できる専用のデバイスキーボードなども販売されています。ペンタブレットを使ってお絵かきするときには、利き手にペンを持ち、空いた片方の手でキーボード操作やマウス操作をすると思います。

そのときに便利になるのがこのキーボードです。よく使うショートカットを登録することができ、場所もとらないのでおすすめです。手の疲れを軽減したり、絵を描くスピードをあげたい人にも向いています。

参考記事:左手デバイスの記事

ペンタブレットを用意しよう!

ペンタブレット〕はパソコンに繋げて絵が描くことができます。マウスでイラストを描くよりも効率的に、思い通りの線を引くことができます。使い方はとても簡単でUSBケーブルをPC本体にさすだけで使えます。デジタルイラストをやろうと思ってるならペンタブレットは必須です。

デジタルイラストをマウスのみで作成している人は確かにいますが、作業効率が悪いのでおすすめしません。マウスだと、線を綺麗に引く事はとても難しいですし、時間が掛かってしまいます。ペンタブレットの選び方がわからない方は下の記事も合わせてお読みください。

もし、はじめてペンタブレットに触れるなら、各メーカーの数千円~購入できる安いペンタブレットから始めましょう。安い製品でもデジタルイラストを十分楽しむことができると思うので、ぜひ使ってみてください。

参考記事:はじめてのペンタブレットの選び方

お絵かきソフトは何を選べばいい?

ペンタブレットにお絵かきソフトが付属している場合がありますが、デジタルイラストを本格的に制作している方は、別のお絵かきソフトを使っていることがほとんどです。ペンタブに付いているソフトは簡易的なものが多く、機能が十分ではないので、無料や有料のお絵かきソフトを使った方がいいと思います。

お絵かきソフトには有料と無料がありますが、最初は有料ソフトは必要ないと個人的に思います。ソフトの選び方一つで、お絵かきするのが難しく感じることがあります。なので、まずは実際に無料お絵かきソフトを触ってみてどのソフトが自分に合うのか必ず試しましょう。

無料ならMediBang Paint ProやAzPainter2の線が綺麗なのでおすすめです。

参考記事:無料お絵かきソフトのまとめ

有料お絵かきソフトについて

有料お絵かきソフトは無料お絵かきソフトよりも機能が充実していることが多いですが、デジタルイラストが初めてならお絵かきソフトは無料のもので十分だと思います。
デジタルイラストが初めての方にとっては操作や用語など難しいと思う部分が多々あると思うので、まずは体験版や無料お絵かきソフトで試して、自分にもできるかどうか判断することをお勧めします。

ちなみに私は主に線画と色塗りをペイントツールSaiという制作ソフトを使っています。シンプルな作りで感覚的に操作できるので、初心者の方におすすめします。(無料体験版もあります)

最初は予算で迷ってしまうと思うので、下記の比較記事をよかったらご参考ください。

⇒お絵かきソフトは有料と無料どちらがいい?

お絵描きする前の道具まとめ

  1. パソコンは動作に問題ないなら今のままでいい。
  2. モニターは小さいものより大きいものに。(できれば20インチ以上)
  3. キーボードやマウスは使いやすいものにする。
  4. ペンタブレットを用意する。
  5. はじめのお絵かきソフトは有料より無料のものを。