ペンタブレットの選び方

ペンタブレット〕(ペンタブ)はパソコン本体にケーブルで繋げて、
イラストや文章を作成するデジタル機器です。
最近では価格が安いものが多くなり、デジタルイラスト制作がしやすくなりました。

ペンタブレットのなかにはお絵かきソフトが付属していたり、タッチパネルがついているものがあります。付属している内容はメーカーや製品により変更されることもあるので気をつけましょう。

※〔液晶ペンタブレット〕というものも存在しますが、ここでは板タブレットと呼ばれている、板状の価格の安い製品をペンタブレットとしています。
下記ではワコムのintuos(インテュオス)を参考に選び方を解説していきます。

マウスよりもペンタブレットの方が線も楽に描ける!

マウスを使ってペイントソフトを利用する人は多いと思いますが、線を上手に描けなくて苦労しているかもしれません。ペンタブレットのメリットと言えば、綺麗な線を簡単に引けることです。
マウスだと直線や曲線を引くのはとても時間が掛かりますし、難しいです。

同じ太さに設定して、マウスとペンタブレットで線を引いてみました。比較してみると、違いがわかると思います。
ペンタブレットは鉛筆や筆の質をカスタマイズできるのでマウスでは再現できない線を引くことができます。例えると鉛筆で紙に描くような線を表現できるようになります。
これからデジタルイラストを始めてみようかなと思っている方はマウスではなく、ペンタブレットをおすすめします!

■ペンタブレットのポイント
・筆圧感知があるのでペンの圧力による力加減で線を調整できる
・種類が多くあるペンを細かくカスタマイズできる
・イラストだけではなく、手書きで描く文章や年賀状などにも向いている
・マウスより早くイラストや文章を制作できる。

ペンの範囲

板タブレットは、タブレットに描いたものがディスプレイに反映されます。ペンが反応するスペースはペンタブレットの大きさによって変わりますが、操作の違いはありません。

デジタルでは、基本的なアナログで絵を描くのとは違い、紙を見ながら描くわけではないので、はじめてペンタブレットを触る人は若干違和感を感じるかもしれませんが、少し練習したらすぐに慣れると思います。

個人差があると思いますが、私は毎日お絵かきして大体1、2週間で慣れました。
拡大、縮小、角度などはお絵かきソフトで調整するので、細かい部分もしっかりと描けます!

ペンタブレットのサイズの選び方

まず最初にペンタブレットのサイズで迷ってしまうかと思います
私もはじめて選ぶときには頭を悩ませました…実物を見て触ってもらったほうがいいかもしれませんが、通販を利用する人も多いと思うので感想を交えて説明します。

SサイズとMサイズの比較

SサイズとMサイズ以外にもさらに大きいLサイズがありますが、ここでは一般的な大きさのSとMサイズのポイントを書きました。

Sサイズ 描くスペースは横にしたハガキと同じくらいの大きさです。
Mサイズと比べると一回りほど小さいです。
持ち運びや置くスペース的にはSサイズ!
手首の振りを使ってイラストを描いている人におすすめなサイズです。
Mサイズ 描くスペースはハガキを縦に二枚置いて少しスペースが空くくらい。
Sサイズと比べると一回り大きいですが、手が大きめな人にも使いやすいです。
腕の振りを使ってイラストを描いている人に向いています。

現在使っている作業スペースを考えて選んだ方がいいと思います。
※描きづらさを感じる線は、ペンタブレットや手首を回転させるのではなく、お絵描きソフトの回転機能などを使うことをおすすめします。

サイズや性能による価格の違い

サイズや性能によって価格は変わってきます。
SサイズとMサイズでは数千円ほど価格差があるので、予算と相談しながら決めましょう。

数万円ほどする高価なペンタブレットもありますが、
ペンタブレットに初めて触れるなら数千円のから始めてみた方がいいです。

初心者でも本格的に長くデジタルお絵かきをする気持ちがあるなら
はじめに性能の高いペンタブレットでも問題ありません。

ペンについて説明

実際に持つペンは鉛筆、シャープペン、ボールペンより少し太めです。
ペンには専用の芯を付けて描くことになります。

ペンにショートカットボタンがついていて最初は邪魔になるかもしれませんので
ボタンの位置を考えて持つ工夫が必要です。
ペンのボタンは設定で、押しても反応しないようにすることができます。

ペンタブレット用ワイヤレスキット

タブレット(本体)についているケーブルの位置は、ペンタブレットによって若干異なります。
大体左側についていることが多いですが、本体によっては右側に付いていることがあります。

線が邪魔なら、別売りのワイヤレスキットで、USBケーブルなしで使えます。

ペンタブレットの消耗品

デジタルもアナログと同じように消耗品がいくつかあります。
その一つがペンタブレットの「」です。

芯は力加減によりますが、摩擦により削れていきます。
基本的にペンタブレットに数本ついていますが、足りなくなった場合は単品で購入することになります。

ペンと替え芯

他にも高価なペンタブレットの中には、タブレットについているオーバーレイシートの交換が必要になったりします。
ただ交換は必須というわけではないので、一度も交換せず使っている方も多いです。

ペンタブレットを購入する前に考えてみよう

最近のペンタブレットは低価格なものが多く手軽にお絵かきを始められます。
ただお金が掛かるものですから、慎重に選んでいきましょう。

ペンタブレットのメーカーの選び方

ペンタブレットを販売しているメーカーはとても少ないので、選べるメーカーも限られてきます。その中でも有名なのがWacom〕(ワコム)から販売されている製品です。WACOMのペンタブレットを使っている人が、全体の7割~8割と言われています。

他にも〔PRINCETON〕(プリンストン)や〔HUION〕等のペンタブレットを販売しているメーカーもあります。

製品モデルによりますが、同サイズで数千円しか価格差もないので好みによります。実際にどのペンタブレットが合っているか触れてみるまでわからないですが、ネット通販で購入するときには常に製品の評価を見てから購入しましょう。

ワコムと他のメーカーどちらがおすすめ?

どちらがいいかは用途によって変わってきますが、価格が安いものを選びたいならプリンストンやHUIONで問題ないです。ただし、安価なのは理由があり、付属ソフトが付いていなかったり、本体のショートカットキーが少ない、筆圧レベルが低い場合があります。

低価格以外で選ぶならワコム」のペンタブレットをおすすめします。シェア数が一番なので、使っている人が圧倒的に多いです。何か困ったときに調べやすいのもメリットの一つです。安いペンタブレットを探しているなら、ワコムでも一万円以下の製品はたくさんあるのでお試しを!

他にもワコムの利点としてはintuos penシリーズに慣れたらintuos proシリーズとランクアップしやすいのも良いところだと思います。ただ、一概にはワコムが絶対に良い!というわけではなく、使いたい用途によって選び方も変わってきます。

ちょっとした手書き文章や簡単なお絵かき程度なら価格の安いものを。本格的に絵を描いていくならワコムを選んでみるのもいいかもしれません。

おすすめのペンタブレット

人それぞれ好みが違いますので、おすすめのペンタブレットをあげるのは難しいですが、
付属ソフトや価格を見比べると使いたいものが見つかると思います。

intuosPenシリーズ

ワコムのペンタブレットではインテュオスペンシリーズがあります。
他にも筆圧感知が高く、キー数が多いインテュオスプロシリーズもあります。

パッケージの内容、モデル名は時期によって変更されることがあります。
サイズによっても価格がだいぶ変わるので、購入する際は気をつけましょう。

プリンストン

価格だけで考えるとプリンストンのペンタブレットもいいかと思います。
学生の方も手を出しやすい価格帯で、気軽にお絵描きチャットをしたり、
手書き文章の作成や、パソコンでのお絵描きがどういうものなのか、試してみるのに向いています。

HUION

HUIONのペンタブレットも価格が安いです。
最近はプリンストン製品が販売終了したものが多いので、
安いペンタブレットを探しているのならHUIONも選択肢の一つです。
対応OSは7以降なら問題なく使えます。安いモデルでも筆圧レベルが高いです。

筆圧感知の良い高価なペンタブレットについて

デジタルお絵かきに慣れるためにも、最初は安価なペンタブレットをおすすめしたいのですが、初めからやる気十分で性能の高いペンタブを選びたい人もいるかと思います。私ははじめ価格の安いペンタブレットを使っていましたが、慣れてきた頃に物足りなくなって買い換えました。

Intuos Pro プロフェッショナルペンタブレット

ワコムの筆圧レベルやファンクションキーが高性能になった製品です。
こちらもサイズはSサイズから選ぶことができます。
置くスペースに余裕があるならMサイズもおすすめです。
数千円のペンタブレットを触ってた人は性能の違いを実感できるはずです。

・参考記事

こちらのIntuosPenとPro違いについてもご参考ください。

ペイントソフト(お絵かきソフト)の選び方

ペンタブレットにはペイントソフトが付いてくることもありますが、
使いづらかったり、機能が十分ではないことがあります。

最近では、無料で使えるお絵かきソフトが豊富にあるので、
使ってみて合わないときにはそちらを選択してみることをお勧めします。

⇒無料お絵かきソフトのまとめ

【他の参考記事】

・ペンタブレット初心者のための比較記事

ペンタブレットの反応・故障で困ったら