お絵描きに使うパソコンについて

デジタルイラストを始めるなら、パソコンはなくてはならない存在です。
ただ、デジタルに適したパソコンといわれても、よくわからない人も多いと思います。
初歩的なことではありますが、今回はデジタルイラストを始めるためのパソコンスペックのポイントを書きました。よかったら参考にしてくださいね!

お絵描きソフトの対応OSを確認しよう!

最近のPCはどれも性能がいいので、一番性能がいいのにしよう!
って人は多いと思いますが、その前に少し考えてみましょう。

まず購入前に、今使っているお絵かきソフト・加工ソフトが対応している
OS(オペレーティングシステム)を確認しておきましょう。

OS」とは簡単にいうとパソコンを動かしている基本ソフトのことです。
ウインドウズXPとか7、8など、聞いたことはあると思います。

動作環境

例:ペイントツールsai公式・最低動作環境画面

よくお絵かきソフト公式サイトなどに動作環境が書いてあります。使っているパソコンのOSを確認したら、「お絵描きソフトの対応OS」も確認してみましょう!この対応OSは非常に重要で、対応してないと起動しなかったり、不具合を引き起こすことがあります。最近では、windowsOSとmacOSで分かれているので、その辺も確認はしっかりしておきましょう。

主な無料お絵かきソフトの対応OS

ソフト名 対応OS
MediBang Paint Pro Windows/7/8/10/macOS/10.9/10.10/10.11
FireAlpaca Windows/7/8/8.1/10/MacOS10.7以降
Pixia ver.6.03a:Windows/8/8.1/10対応OS
PictBear Windows/98/Me/2000/XP/Vista/7

主な有料お絵かきソフトの対応OS

ソフト名 対応OS
ペイントツールSAI Windows/98/2000/xp/Vista/7
/8/8.1/10/64bit も動作可
CLIPSTUDIOPAINT Windows/7Service Pack1以上
/8.1/10/64bitも動作可

使っているソフトが載ってない場合、ソフトの公式サイトで確認できます。
有料ソフトならパッケージやダウンロードページ、またはマニュアルで確認できます。

パソコンで確認しておきたいパーツ項目

パソコンのことが難しいと感じてしまう人は、パソコンの三つの項目を覚えておきましょう。

・ハードディスク
・メモリー
・CPU

この三つの事さえわかっていれば買い換えるときも安心です。
では、一つずつ簡潔に説明していきます。

デジタルイラストに大切なのはメモリ

メモリ」とは情報を記憶しておく部分です。
メモリはお絵かきソフトではとても重要なパーツ部分になります。
この数値が低いと、動作が重くなる事があります。

もっと簡単に例えてみると、今あなたが使っている机の広さのようなものです。
机の上が広ければ広いほど色々な物が置けて作業効率もアップします。
デジタル絵ならキーボード、マウス、ペンタブなどを机の上に置いて作業してると思いますが、
机の幅が狭いと作業も捗りませんし、ごちゃごちゃして効率も悪くなってしまいます。

メモリはそれと同じで、机を広げて同時に色々な作業ができる役割を持っています。
例えば、キャンバスを多く使えば使うほどメモリを消費することになります。
ブラウザもタブを開けば開くほど重くなりますよね。

このメモリが低いとお絵かきソフトの動作が重くなってしまったりフリーズする原因となってしまいます。ソフトを複数立ち上げるときにもメモリの数値が高いと動作がカクカクしづらいです。

 ○追記

ちなみにOSが新しいほどメモリ消費も高くなるので、使っているOSによりますが、4G~8G以上のメモリが必要になってきます。2016年の現時点では4GBでは少ないかと思いますので、個人的にメモリは8GB以上を推奨します。

CPUってなに?

CPU」(プロセッサとも言う)

ここは省いてもよかったのですが一応!人間でいう頭脳の部分にあたります。

CPUは計算をしてくれているパーツ部分です。
性能が高いほど、計算処理が早くなります。

特に最新ゲームなどはそれなりのCPU性能が必要になってきます。
お絵かきだけで考えるならそこまで深く考えなくても大丈夫です!

今出ているパソコンでは(2014年)
i5とかi7のクアッドコアを選択することをお勧めします。

パソコンを購入するときに確認してみてください。
ちなみにi3→i5→i7の順に新しいCPUです。
現在販売されているパソコンでのデジタルイラストは問題なく動作可能かと思います。

ハードディスクの容量

パソコンを使っているなら、ハードディスクは身近に感じるパーツじゃないでしょうか?
HDD」(ハードディスクドライブ)とも呼ばれています。データを保存しておく部分です。
OSは当然ですが、ダウンロードやインストールしたものも、このHDDに保存されています。
お絵かきしたあとのデータなどもハードディスクに保存しますよね!

まず、HDDは表記されている限界容量まで使える訳ではないので、気をつけましょう!
500GBあったとして500GB全部使えないので、
ある程度容量を残しておかないと、故障の原因となってしまいます。

HDDはある程度容量が大きいものを選択するといいと思います。
パソコン本体の容量で足りない場合は、外付けHDDなどを使ってもいいかもしれません。
動画ファイルをたくさん保存する人も容量が多いものを選択しましょう。

※ハードディスクの容量は余裕を持って、整理しておくことをお勧めします。
できればドライブを分けてファイルを保存しましょう。

 

・イラスト向けパソコンを購入するにはどこがおすすめ?

パソコンスペックで気をつけたいこと

今回はデジタルイラストを始めるためのパソコンについてでした。
最近のパソコンは性能が良いのであまり心配はないですが、
デジタルイラスト用のパソコンで重要なのはメモリやOSかなと個人的に思います。

対応OSについては、きっちり同じOSじゃないと不具合がでる可能性があります。
ソフトの動作環境に7と書かれていたら、同じOSの7を選んだ方がいいです。もちろん、他のソフトを使うときにはそちらも確認しておきましょう。
きっちりOSを対応させておけばエラーに悩まされる事はありません。

あくまで「推奨」なので、動作に問題ないことがほとんどだと思います。

メモリについては、お絵かきソフトで動作が重いとされている「クリップスタジオ」でも推奨メモリは2GBほどです。他のアプリケーションソフトと同時に立ち上げたりしなければ、最近のパソコンなら何も問題はないはずです。使っているブラウザなどによってメモリ消費が大きい場合があるので、メモリ消費が少ないものに変更することも大切です。例えば、ファイアフォックスで重い場合はグーグルクロームにすることで動作の重さが改善されることがあります。

パソコンは一年に何回もモデルチェンジされるものなので、購入する時期によって最新パソコンの性能も変わってきます。個人的にお絵かきだけなら型落ちしたものを数年に一回買い換えた方がコスパはよくなると思っています。最新ゲームをする人は、それに応じて増設したり最新パソコンを購入しなければなりませんが…。

デジタルイラスト制作だけなら、上記で述べたことに気をつけていたら問題ないと思います。
今回は初心者さん向けに簡潔に解説しました。参考になれば幸いです。