安価なペンタブレットの選び方

とにかく安価なペンタブレットを探している人は多いと思います。
私はお絵かきを始めた頃、当時安かったwacomの〔BAMBOO〕シリーズを使っていました。
お絵かきソフトも無料で済ませてました。

⇒無料お絵かきソフトまとめ記事はこちら

デジタルイラストが初めてなら無理せず、安いペンタブレットと無料お絵かきソフトを利用してみましょう。

マウスだと綺麗な線を引くのは難しい

マウスとペンタブレットの線の違いです。
鉛筆ツールのブラシサイズはどちらも同じ大きさで描きました。
ペンタブレットのメリットは、好きなようにブラシカスタマイズできることと、線をなめらかに描きやすくすることです。マウスよりも早く描けるので、絵を描く効率もあがります。

ペンタブレットはイラスト以外にも、手書きの文章作成にも向いています。

価格の安いペンタブレットの目安

一万円前後のペンタブレットが安いとされています。
シェア数1位のワコムのペンタブレットを例にしてみると、数千円~数万円のペンタブレットがあります。他メーカーのペンタブレットも大体数千円~の安価なものが多いようです。

価格の高いものと安いものはどう違う?

付属ソフトの有無、筆圧レベル、ペンタブレットのサイズで価格は違ってきます。
その他、メーカーによって同じ価格帯のペンタブレットでも性能差があります。
ワコムペンタブレットの場合だと、高いものはファンクションキーが多く、筆圧レベルが高い傾向があります。

安いペンタブレットを選ぶときのポイント

初めて選ぶときのコツは、サイズを必ずチェックすることです。作業スペースが確保できない人はSサイズをお勧めします。
SとMでは大きさが2倍ほど違うので、できれば寸法を図っておき、作業スペースに合わせたものを選びましょう。
ただし、さきほど言ったとおり、サイズで価格も違ってくるので予算と相談してみてください。

デジタルイラストが初めてなら価格の安いものを!

もしもデジタルイラスト制作が初めてなら、高いものより安いものを選んだ方がいいです。
安いからと言って壊れやすいということはなく、私が最初に選んだBAMBOOシリーズのペンタブレットは10年経った今でも現役です。

※現在、BAMBOOシリーズは名称が変更されIntuosシリーズとなっています。

個人的な意見となってしまいますが、高価なペンタブレットが欲しくなる頃にはお絵かき技術も向上していると思うので、そのときになって買い換えても遅くないと思います。

ワコムの価格の安いペンタブレット一覧

安価で売られているペンタブレットを一覧表にしました。
wacom(ワコム)のペンタブのなかでも特に安いものです。

※サイズや性能によっては価格が高い事もあります。
付属されているソフトやサイズをよく確認しましょう。

製品写真 製品名称 サイズ レビュー評価

ワコム Intuos Draw
ホワイトCTL-490/W0

S ・Amazon評価
・楽天評価
ワコム Intuos Comic
CTH-490/K1

S/M ・Amazon評価
・楽天評価

ワコムIntuos Art
CTH-490/K0

S/M ・Amazon評価
・楽天評価
ワコム Intuos Photo
CTH-490/K2
S ・Amazon評価
・楽天評価

※価格はサイズや付属されているソフト等で違います。スタンダードのものは大体1万円以下で販売されているので目安にしましょう。
※電化製品なので、モデルチェンジ、在庫状況により価格の変動があります。

wacomのIntuos Penは個別にレビューを書きましたのでよかったら参考にしてみてください。

⇒CTL480ペンタブレビューはこちら

その他メーカーの価格の安いペンタブレット

ワコム以外のペンタブレットでおすすめなのが、プリンストンとHUIONのペンタブレットです。
モデルによっては価格が数千~選べるものがあるので、気軽にデジタルお絵かきをしてみたい方に向いています。

製品写真 製品名称 サイズ レビュー評価
 

プリンストン マウスパッドタブレット
PTB-MT2BK

S ・Amazon評価
・楽天評価
プリンストン 急速充電式ペン付属
PTB-STRP1
S ・Amazon評価
・楽天評価
HUION OSU用ペンタブ
H420 ブラック
S ・Amazon評価
・楽天評価
HUION H610 USB 10 x 6.25インチ
S ・Amazon評価
・楽天評価

安価なペンタブレットは本体にショートカットキーが付いているものと、付いていないものがあるので、よく確認しましょう!
ワコムと違い使用者も少ないので、不具合が出たときに調べにくいのが難点ですが、手書き文章や、ちょっとしたお絵かき程度なら問題ないです。
慣れてきたら、性能のいいものに切り替えてみるのもいいかと思います。