wacom Intuos Pen は初心者向き

wacom(ワコム)のペンタブレットのなかでも安価で購入できますし、
描きやすいので初心者におすすめなペンタブレットです。

今回の記事は新モデルになった
ワコムのIntuosPen〔CTL-480/S0〕と
CTH-480/S0〕をメインに書きたいと思います。

 ・ペンタブレットの基本はこちら

 IntuosPenシリーズとは

wacomはBAMBOOシリーズを販売していましたが、
これからは名称変更され、IntuosPenを販売することになったようです。

実際にBAMBOOと比較したところ使い心地は変わらず、ファンクションキーが使いやすくなったのと、ペンが持ちやすくなった印象です。

 CTL-480/S0とCTH-480/S0の違いってなに?

IntuosPenシリーズでは名称が似た数種類が用意されています。
製品によって当然価格は変わってきます。

製品名が似ているので、間違いやすいですが、
描きやすさや操作面ではどれも違いはありません。

一番の違いといえば、
CTL-480/S0はSサイズでタッチパネルなし
CTH-480/S0はSサイズでタッチパネルあり

※タッチパネルはON/OFF可能です。

上記に加えて、付属されているソフトも違います。
例えば、CTH-480/S0には、
Adobe Photoshop Elements11とArtRage 3.5 Studioが付いています。

Potoshop Elements11について

Photoshop Elements11」はちょっとした写真加工や、
編集ができるソフトです。
単体ごとに購入予定なら、CTH-480/s0を選んだ方がお得です。

反対にタッチパネルやソフトを使わない、またはSサイズでいいなら
安価なCTL-480/S0が良いと思います。

IntuosPen CTL-480/S0・CTH-480の仕様

●対応しているOSは、Windows 8/Windows 7(SP1以降)/Vista(SP2以降)

●ペンタブ本体にファンクションキーが四つ付いています。
ショートカットを好きなように設定できます。

●替え芯付属(裏フタの中に入ってます)

●旧BAMBOOと描き味は大体同じ

●wacom intuos pen&Touch medium MサイズCTH-480/S0には
上記ソフトの他に、Photoshop Elements11
ArtRage3.5Studio(ダウンロード)、タッチパネルも付いている。

使用するパソコンが新しいなら動作は問題ないと思います。

IntuosPenを使ってみた感想

セットアップは面倒な作業はなく、簡単に接続して使うことができます。

ケーブルの長さは大体1mくらいの長さです。
私はパソコン本体とモニターが横並びなので困りませんでした。

デザインは新モデルになり、黒とシルバーを基調としてるので
好みによると思うのですが、個人的にはかっこよくなったと感じました。
シンプルながら良いデザインだと思います。

それと、IntuosPenは特にファンクションキーが使いやすくなりました。
BAMBOOシリーズのファンクションは少し使いづらかったので…

サイズに関してですが、コンパクトに収めたいならSサイズだと思います。
デジタルだと縮小拡大で引ける線の長さは調整できるのでSサイズでも困ることはありませんでした。

ただ、お絵かきを始めたばかりだと、手首の振りというよりも腕の振りで描いてしまう人が多いので、絵描きさんによっては描くスペースに余裕があるMサイズの方が、丁度いいかもしれません。Sと比べるとMは一回り大きいの机の上に余裕があるなら良いと思います。

タッチパネルはデジタルイラストにはあまり必要ないと感じました。
私はほとんど使わないので、通常はOFFにしてイラストを描いてます。

 

 線画

CTH-680/S0で描いた線画です。

描き味はBAMBOOと変わりなく線を引くことができました。
今までペンタブを使っていた人や、
これからデジタルイラストを始める人にも問題なく使えると思います。


・Amazonレビュー
・楽天評価

 

・Amazonレビュー
・楽天評価

 

名前が少し紛らわしいですが、青がCTL-480で、緑がCTH-480です。
パッケージ分かれているので目印にしてみてください。