プリンターの特徴

プリンターとは印刷機器のことで、ハガキ(年賀状)や手書きの文章、写真、またはイラストや書類などを印刷する為に使われています。
最近では家庭用のプリンター需要が増え、はじめて触れる方にも操作が簡単な機種が増えてきました!

プリンターの操作性

最近、販売されているプリンターの使い方はとても簡単になりました。家庭用プリンターに初めて触れる方や、コンビニにあるコピー機の操作がわからず、店員さんを呼んでしまう方でも操作を覚えるのは難しくありません。初期設定も簡単で、画質調整も「普通」「はやい」「きれい」などを選んでいけば、スムーズに印刷することができます。
ほとんどのプリンターはメーカーが違っても操作性が大きく変わる事がないので、一度覚えてしまえば、買い替えのときも安心して操作することができます。

接続方法

プリンターの接続方法として、パソコンを持っている方はUSBを繋げて使う方法が基本になっていますが、最近のプリンターだと、SDカードやUSBメモリから直接印刷することもできます。


さらにスマートフォンやタブレットから直接印刷することができるプリンターもあります。パソコンを持ってない場合はそういった機能があるプリンターを選んでみるといいですね。

印刷方式の違い

家庭でよく使われるプリンターは、インクジェット方式かレーザー方式です。
レーザーはオフィスなどでよく使われ、インクジェットは家庭で使われていることが多いプリンターです。

・インクジェットプリンター ・本体の価格が安い
・印刷がレーザーより遅い
・インクが滲むことがある
・消費電力が少ない
・写真印刷に向いている
・色の再現率が高い
・レーザープリンター ・トナーが高い
・印刷がインクジェットより早い
・大量印刷に向いている
・インク詰まりがない
・大きくて重いので運ぶのが大変
・消費電力が大きい
・インクが滲まない

レーザーは文字の印刷や大量に印刷する用途で使われています。どちらがいいかは使用する目的で違ってきますが、一般的な使い方ならインクジェットプリンターでいいと思います。
下記では、プリンターをはじめて使う方向けにインクジェット方式のプリンターについて紹介します!

インクジェットプリンターの特徴

家庭で使うなら、インクジェットプリンターがおすすめです。インクカートリッジというものを使って印刷するタイプになります。レーザーと違い、電力の消費も抑えられてコンパクトで軽いので楽々持ち運ぶことができます。

インクジェットプリンターには単機能で使えるものと、多機能で使える複合機がありますので使用目的に合わせて選んでみてください。

プリンターの単機能と複合機ってなに?
単機能はプリンター機能のみ使えるタイプ。複合機はスキャナー、プリンター、FAX機能などがついてます。

単機能と複合機どちらがおすすめ?

メーカーで販売されているプリンターモデルによって価格は異なってきますが、大手メーカーのエプソンやキャノンで比較してみると、どちらも大体1万円前後で購入できる製品が多いです。安い価格の製品だと1万円以下というのも珍しくありません。個人的に、複合機をおすすめしますが「印刷だけしたい」なら単機能のものを選んでもいいと思います。

複合機のメリット

複合機のメリットとして、置く場所をとらないことです。スキャナーとプリンターを別々に購入となると、2台分、置く場所が必要になります。その為、配線関係もごちゃごちゃしやすいです。置くスペースを最小限にしたい、配線をすっきりさせたいなら、複合機が向いています。

複合機のデメリット

複合機のデメリットとしては、不具合が出て修理に出すときはすべての機能が使用できなくなります。

また、複合機は単機能のプリンターと比べると、性能差があり綺麗に印刷できないと思われていましたが、最近の複合機は性能もあがり、綺麗にスキャン、プリントができるようになりました。同じような価格帯の製品なら大きく差はでないと思います。家庭用で年賀状や書類などを作成するなら十分な性能でしょう。

インクカートリッジの特徴

プリンターのインクは「インクカートリッジ」と呼ばれています。

インクは本体を購入すると付属している場合が多いですが、使う色によって消耗も早いので、予定している印刷物の色や枚数が多くなりそうなら、予備を用意しておいた方が安心です。いざ印刷が始まったときに、特定の色が足りないと、印刷が止まってしまいます。

インクカートリッジの種類

インクカートリッジには独立型と、一体型があります。プリンターを選ぶときは必ずチェックしたい項目の1つです。

独立型 1色ごとに交換できるのでコストが安く済みます。
最近は、独立型のカートリッジが主流。
一体型 複数の色が1つのカートリッジになっているタイプ。
ヘッドの目詰まりはカートリッジを交換したら直ります。
色が1色でもなくなると交換しなければなりません。

多くのプリンターは独立型のカートリッジになっていますが、フォトプリンターや安価なプリンターで一体型が使われていることもあるので一応確認しておきましょう。

顔料インクと染料インクの違い

インクは主に「染料インク」と「顔料インク」になります。

染料インク 【短所】
耐水性と耐光性が低い。水に濡らすとにじみやすい、

乾燥が遅い、太陽光による色あせがしやすい。
【長所】
色の光沢や発色性が良い、光沢が出やすい、

顔料インクより安い。写真を綺麗にプリントしたいときに向いている。
顔料インク

【短所】
光沢が出にくい、染料インクより高いことが多い。

【長所】
耐水性、耐光性が高い。発色が鮮明。

印刷した後、色の変わりが少ない。文字の印刷に向いている。

染料インクは紙の内部まで染み込むタイプ。顔料インクは紙の表面に定着するタイプ。

※販売メーカーや機種によって採用しているインクは違ってきます。メーカーによっては黒だけ顔料インクを使い、他のカラーを染料にしている場合もあります。

インクカラーの種類

インクの種類は一般的に、大体4色~6色の間が多いと思います。
なかには8色タイプや10色を使うプリンターもありますが、一般的な印刷物であれば、4~6色あれば十分と言えます。プリンターを選ぶときは、使われている色の数にも気をつけましょう。

因みに、インクの消耗が激しいカラーはブラックです。大体の印刷物には黒が多く入っているのでカラーの多いものや文字印刷を大量にするとなくなるのが早いので注意です。

よく使われているインク色

インクカートリッジの基本色
4色:ブラック、マゼンタ(濃いピンク色)、シアン(水色)、イエロー
6色:ブラック、マゼンタ、シアン、イエロー、ライトシアン、ライトマゼンタ、またはグレーなど。

メーカーによってプリンターに使える色の組み合わせは違ってきますが、基本的に上記の色が入っている場合が多いです。インクはこれらの色を組み合わせてプリントしているので、プリンターに使える色が多いほど、印刷の仕上がりに影響してきます。ただし、色が多いほどインク代は高くなります。

プリンター用紙の種類

イラスト画像や写真などを綺麗にプリントしたいときは用紙に注目してみましょう。
用紙の種類は通常使われる普通紙、上質紙、光沢紙などたくさんあります。印刷物によっては用紙はとても重要で、仕上がりが全く違ってきます。

普通紙 コピー用紙やPPC用紙といわれるものが普通紙になります。
一般的に文章などを印刷するときに使われています。
コストが安いので、大量に文字を印刷するときに向いています。
イラストや写真の印刷には向いていません。
上質紙 普通紙よりも白く、表面と裏面に光沢がないので光を反射しません。
その為、図面やテキストを印刷するのに向いています。
紙自体に色がついた上質紙もあります。
再生紙 リサイクル紙といわれているもので、通常の紙よりも灰色、または黄色がかっています。
光沢紙 紙の表面に光沢があり、インクジェットプリンターのイラストや写真印刷に向いています。
マット紙 艶やテカリがなく(光沢がない)書類などに使われるグラフや、写真印刷に向いています。

イラストや写真は、普通紙だとインクのにじみや色合いがおかしくなるので不向きです。
その場合、写真用マット紙や光沢紙などを使うと改善されることがあります。写真なら各メーカーが推奨しているフォト用紙を使ってみることをおすすめします。

ハガキをインクジェットプリンターで印刷する場合

インクジェットプリンターを使ってハガキ(年賀ハガキ)に印刷したいときは、「インクジェット紙のハガキ」を使いましょう。
通常のハガキと違い、通信面(裏面)にコーティング加工されていて、インクの吸収率が高いです。


イラストなどを印刷する場合に向いていますし、一般的な年賀ハガキと価格も変わらないでおすすめです。その他にも、写真を綺麗にプリントしやすい「インクジェット写真用ハガキ」もあります。

プリンターメーカーの比較

プリンターメーカーの代表としてキャノン、エプソン、ブラザーがあります。基本この三社から選べば問題ないでしょう。一般的に印刷するものであれば、各メーカーで印刷物に大きく差が出る事はないですが、それぞれのメーカーではおすすめしている部分が違うので、「何を重視して印刷するか」をはっきりさせた方が選びやすいと思います。

メーカー リンク 特徴
・エプソン 【Colorio】
写真を綺麗に印刷できる
・キャノン 【PIXUS】
文字、写真をバランス良く印刷できる
・ブラザー

【PRIVIO】
FAX機能(複合機)が充実している

ちょっとした書類やグラフ入りなどの文章などにはキャノンがおすすめです。エプソンは綺麗な写真印刷をウリにしているので、イラスト印刷、絵葉書(年賀状)などを印刷したい方に向いています。ブラザーはFAXが付いている複合機も多くオフィス向けですが、家庭用で使うのならエプソンとキャノンから選んだ方がいいです。
私はイラストを印刷することが多いのでエプソンにしましたが、文字印刷のみするならどのメーカーも性能的には差もあまりないので好きなメーカーでいいと思います。