絵を描くのに向いているモニター・ディスプレイ

デスクトップパソコンなら「モニター」(ディスプレイ)が必要になってきます。
当初モニターならどれでも同じだと思ってましたが、
サイズやメーカーによって使い心地が違ってきます。

私はいくつかモニターを買い替えた事があるのですが、
他のものと比べても「EIZO」が良かったです。

今回はEIZOモニター・FlexScanのレビューを中心に書きました。
よかったら前回の記事も参考にしてみてください。

・お絵かき初心者向けのモニターを選ぼう!

EIZO(ナナオ)モニターが優れているポイント

まず知っておきたいのは、自分が見てるイラストの色が、
必ず他人も同じように見えている訳ではないことです。

そしてモニターで見ていたイラストの絵を印刷してみると、
塗った色と違う!となる事もあります。

これはメーカーやモニターによって
正確な色」が統一されていないからです。
プリンタも同じ理由でそうなってしまいます。

EIZOモニターを選びたい理由としては
正しい色にこだわったカラーエッジを使っているところです。

カラーエッジの説明をすると長くなってしまうので省きますが
簡単にいうと正確な色を自動調整してくれるものだと思ってください。

EIZOモニターを選ぶなら

 EIZO FlexScan 23.0インチ カラー液晶モニター ( 1920x1080 / IPSパネル / 6ms / ブラック ) EV2336W-ZBK

EIZOモニターのなかにも種類があります。
例えば一般向きでもある「FlexScan
などがお絵かき初心者にも手を出しやすい価格だと思います。

・EIZO FlexScan 23インチ液晶モニター

私が初めて選んだのはこのモニタークラスでした。
目が疲れやすかったのが、だいぶ改善されました。
まずサイズを20インチ以上にしたことで、画面を大きく見れます。

EIZOは使われている色合いや画面なども目に優しいので
長時間作業しても疲れにくいです。

 モニター角度

EIZOの「EV2336W-Z」は画像のように角度や高さを調整できるので、
見やすい方向でモニターを見る事もできます。
イラストも描きやすくなるので、
大きいサイズ&調整できるものを選びたいですね!

・EIZO ColorEdge  ColorEdge CS230

予算がある人にはEIZOの「ColorEdge ディスプレイもあります。

FlexScanと比べるとギラつきもさらに抑えられていて、
発色はかなり良いですし、正確な色に関しても問題ありません。
実際に手にしてみないとわからないですが、画質が凄くいいです。

メーカー(EIZO)によってもモニターのランクがあるので、
性能が良いものは価格もそれなりに高くなっています。 
ただ個人的に初めて持つには高価なものになるので
気軽にデジタルイラストを始めるならFlexScanで十分だと思います。

EIZOモニターを使用した感想・レビュー

他モニターからEIZOにした人はわかると思うのですが、
デジタルイラストに向いているモニターだと思います。

やっぱり絵を描いてて気になるのは色合いです。
正確な色を再現できるディスプレイを探してると、
自然とEIZOに行き着くと思います。

初めはそこまで変わるのかな?と思ってたのですが、
他モニターとの差はかなり実感できました。
ギラつきが減ったので目への負担も少なくなりました。 

ただ初期設定だと少し明るすぎるので、調整するといいです。
画像(写真)などを見ながら確認すると
自分に最も合った設定になるのでお勧めです。

私は当初発色ではなく、目の疲れからの買い替えだったのですが、
他モニターと比べたところ、
すごく綺麗にうつっていたので満足しています。

普段長時間作業する人や、
色合いなどで悩んでいる人には向いていると思います。

・Amazonレビュー
・楽天評価