イラストレーター向けのパソコン選びとは

前回、お絵かきするためのパソコンスペックの基本でも書きましたが、難しく考えず、ある程度基本さえわかっていれば選ぶときにも安心です。
パソコンを選ぶときのコツは重要な項目だけを抑えることです。あとは必要になったものを確認するだけです。お店によってメリットとデメリットがあるので、慎重に選びましょう。

家電量販店で購入するポイント

基本的にパソコンを購入するとなると家電屋さんを選択肢に入れるかもしれません。
実際に操作しながら購入することができるので安心して選べると思うのですが、場合によっては損をしてしまう購入方法かもしれません。

理由としては、家電量販店で売られているメーカー製のパソコンは、使わないソフトなどの価格もパソコン本体の価格に含まれています。
その為、購入価格が高めに設定されている場合があります。

例えば、家電量販店でパソコンを購入する場合、「プリンインストール」といって、予め購入したパソコンにはソフトがいくつか入っています。wordやExcelなどの有名なソフトやあまり知られてないソフトも入っています。スマホを購入するとよくわからないアプリが入っていることがあります。そんなイメージです。

最初からインストールされているソフトって意外と使わないことが多いかと思います。それらのソフトは代用がきくものがほとんどなので、個人的には必要ないと感じます。もし必要になったときは別に購入した方が便利です。

それらを踏まえて家電屋さんで購入した方がいいかと思います。
インターネットを閲覧したり、デジタルお絵かきをしてみたい、安いPCを求めている程度なら家電量販店を利用するのはお勧めしません。たぶん同じ性能でも数万円ほど価格差があります。

同じ性能なら下記で紹介する通販サイトや、BTOパソコンの方が断然安く購入できます。

通販ショップを利用してみる

基本的なパソコンスペックを理解しているなら通販サイトを利用するのも良いと思います。
最近ではインターネットで買い物することが当たり前なので、利用者数も増えてきています。

まず最大のメリットが家電量販店で購入するより安い価格の場合が多いです。
理由としては、プリンインストールが最小限になっていることと、安価なパーツを組み合わせて作られているからです。その為、価格の安さを求めているなら、ネットショップは十分選択肢に入るかと思います。

通販PCのメリット

私が一番初めに利用したのが通販サイトでの購入でした。
まずは価格が安いことが特徴としてありますが、実際安いから心配との声もあるかと思います。
確かに以前は通販サイトで販売されているPCは安価ではありましたが性能がよくありませんでした。ただ最近のパソコンは全体的に安価なものでも性能がいいです。最新の3Dゲームをやらないなら通販で問題ないと思います。

例えば最新ゲームは高性能PCが要求されるものがあり、そのなかでもグラフィックボードなどに気を遣う必要があります。グラフィックボードが付属しているとPCの価格も高くなる傾向があります。(最新のグラボは数万円するものまである)通販サイトのPCはその辺のパーツを取り除いてあるので安価だという理由もあります。

元々PCにはオンボード(画像、映像処理を行う基本パーツ)が付属しているのでただお絵かきするだけならグラボがなくても問題ありません。
最近のオンボードも性能が良くなってきたため、グラボが理解できないうちは関係ないかと思います。

 ○グラフィックボードってなに?
グラフィックボード、またはグラフィックカードやビデオカード、ビデオボードとも呼ばれています。簡潔に説明すると映像を綺麗に見せるために必要なパーツです。最新ゲームなどの3Dグラフィックス処理や、高画質映像処理などに欠かせないパーツの一つです

通販PCのデメリット

逆にデメリットとしては、家電のメーカー製と比べてインストールされているソフトが少ない場合がほとんどです。それと、所謂メーカーが広くされているものではなく、外国産の場合がほとんどなので、ブランドメーカーに拘るならお勧めしません。

他にもPC本体のみ販売されていることもあり、キーボード、マウス、モニターなどの付属品が付いてないかもしれません。私の考えとしては、モニターは現在安価で販売されているので別に購入した方がお得かなと思います。付属品は十分にチェックしておきましょう。

他にも気をつけなければならない点として、実際に操作できるわけじゃないので自分自身で性能を確認する必要があります。家電屋さんでは店員さんに詳しく説明を聞けるのに対し、ネットショップではレビューコメントや、パソコン性能を見比べての購入になります。おすすめな方法としては問い合わせを活用することです。ほとんどのショップでは詳しく丁寧に教えてくれるかと思います。

BTOパソコンを利用してみる

bto

●BTOパソコンってなに?

家電量販店や、通販の他にも購入方法があります。
それは「BTOパソコン」を利用することです。

BTOとは「Bulid to Order」の略語で、
簡単に説明すると自分の好きなようにパソコンを組み立ててもらえます。

パソコンを自作できなくても、お店が注文通りにカスタマイズしてくれるので安心です。
家電量販店と同じく一年保障から選べます。

保障期間内なら無料で修理や交換もしてもらえるので、家電量販店で購入するのと違いはほとんどありません。

BTOパソコンのメリット

BTOなら自分が欲しい部分だけカスタマイズ注文することができます。
例えば、モニターを既に持っているならモニター無しで注文する事ができます。
キーボード、マウスなども必要なければ付けないこともできます。

※BTOパソコンでは基本的な付属品は無料になっていることがある
※家電屋では本体やモニターなどがセットになっている場合が多い。

家電屋のパソコンでは、性能が決まってしまっているのに対し、BTOパソコンではメモリを多くしてもらったり、ハードディスク容量も気軽に増やせるのが特徴です。
メモリが4Gではなく8G欲しい場合や、ハードディスク容量を気軽に増設したい場合も簡単にパーツを選択するだけでお店側が注文通りに作ってくれます。
いらないものは気軽に取り外して注文できる事と、ほしい容量やパーツは気軽に増設できるので、自分の予算に合わせてパソコンを購入できます。

BTOパソコンのデメリット

通販と同じく実際にお店で確認してから購入できない事にあります。
そして、受注されてから自宅に届くまで約1週間~3週間ほどかかる事です。
私が最初に利用したショップの場合は約2週間掛かりました。
パソコンが早急に欲しい場合には向いていません。

故障した等の急ぎの場合なら家電量販店で購入することをおすすめします。

PCの知識がなくても大丈夫?

ほとんどパソコンの知識がなくても大丈夫です。何故ならパーツ事に取り付けたいものを選択するだけなので、初心者でも簡単に注文する事ができます。
私がBTOを最初に利用したときは、全くの素人でしたが、問題なく利用してました。
最近では初心者が利用しやすいようにBTOショップの方で簡単に解説されていることがほとんどです。ショップの選択項目にないものも問い合わせると丁寧に教えてくれます。
以上がBTOの簡単な説明ですが、自分に一番合った買い方で満足できれば良いと思います。

BTOパソコンで有名な『ドスパラを例にすると、ゲームやイラストレーター向けで項目が分かれているので、知識のない初心者でも簡単に安く注文することができます。

⇒イラストレーターに向いているBTOパソコンの選び方

今回のまとめ

今回は三つのパソコンを購入するお店について書かせていただきました。家電量販店で購入するのが当たり前だと思っている人も居ると思いますが、個人的にもったいないと思います。

パソコンの進化は非常に早いので、店頭に並んでいる最新型のPCを購入しても数ヵ月後には型落ちしています。インストールされているソフトを省いた分をメモリ増設やHDD交換に当てた方がお得です。あくまでデスクトップパソコンの場合ですが。

それと極端ですが、PCの価格も10万円だったものが一年経たずに5万円になっていることがほとんどです。大体、パソコンの寿命も三年持てばいいと思っているので、安いもので買い換えていった方がコスパはいいです。例えば、10万円のPCを三年使うより五万円のPCを三年ごとに買い換えて六年使ったほうがお得です。お絵かきするのが目的なら尚更価格の安いもので十分だと思います。

用途によって変わってくるので一概には言えませんが、
購入前にしっかり考えればそれだけお得に購入することができます。