イラスト制作に向いているのはどんなPCか

アナログからデジタルに移行する人や、今からデジタルでお絵描きを始めようと思っている方は
まずパソコンをどうしたらいいか迷ってしまうかもしれません。
どちらでもお絵かきはできますが、使用感はかなり違います。

個人的な感想になってしまいますが、下記で詳しく説明してみました。

パソコンのメリット

まずメリットから考えたいと思います。
どちらにも利点となる部分がたくさんあるので合わせて考えていきましょう。

○デスクトップのメリットとは

・メモリーやHDD増設などの拡張も楽にできる
・ノートに比べて熱を持ちにくいため冷却効果がある
・モニターやキーボードが壊れても買い替えることが簡単
・USB端末がたくさんある(ノートでもUSBハブで対応可能)
・大きい画面のモニターが使える
・絵を描く姿勢が崩れにくいので長時間でも疲れにくい。

○ノートのメリットとは

・本体を移動してどこでもお絵かきできる
・コンパクトなので場所をとらない
・最近のノートPCは性能がいいし安くなった

パソコンのデメリット

上記では、少しノートPCのメリットが少ないような気がしますが、
理由を下で説明させていただきました。では、次にデメリットも合わせてご紹介します。

○デスクトップのデメリット

・本体を設置するのにスペースが必要
・重いので移動が結構大変
・外出時に持ち運んでの使用ができない

○ノートのデメリット

・性能が同じなら価格がデスクトップより高い傾向がある
・拡張性に優れない
・ハードディスク容量が上記の理由により少ない
・本体のモニターなどが壊れると修理や交換が必要になる
・画面がデスクトップより小さいので疲れやすい

お絵描きでデスクトップパソコンが多い理由

ノートパソコンのメリットが少ない理由なのですが、デメリットを見てもらうとわかると思います。あくまでお絵かきのデメリットではありますが、致命的とされているのが、故障に関することです。

ノートパソコンは故障時に対処が難しい

よくキーボードを水濡れさせてしまう人は多いですが、水濡れさせてしまうと壊れやすいのがノートPCです。
故障してしまうと、修理か買い替えになってしまう可能性が大です。
というのも、わたし自身ノートパソコンを使っていましたが故障してしまったことがあります。
修理費用はパソコンを買い換えた方が安いくらい請求されました。
その為、気軽に拡張や交換ができるデスクトップの方が有利だと思います。

ノートパソコンの場合、キーボードだけではなく、モニターが壊れても修理が必要になってきます。
そうなってくると場合によっては、作業も中断しなくてはなりません。

モニターサイズはある程度大きい方がいい

まずノートだとモニターが小さいです。
ペンタブレットを使うとなると、距離が遠くなってさらに使いづらいかもしれません。
基本的にデジタルでのお絵描きは、モニターのサイズが絵を見る範囲(紙のようなもの)なので、
大きい方が使いやすさもあがります。

ワイド液晶モニターを使えば、ブラウザを二つ並べたり、参考画像を横に並べながらお絵描きできます。
疲れやすさや見えづらさを感じている人にもワイドはモニターはおすすめです。
詳しくはお絵描きモニターの選び方を参考にしてみてください。

お絵かきパソコンを購入するときのポイント

パソコンの購入方法は何通りかあります。一つは身近な家電量販店での購入です。
もう一つは通販サイトなどを利用する方法です。

そのなかでも安く購入するにはどうしたらいいのか?についてですが、
家電屋さんのPCが高いと感じている方には、BTOパソコンを利用してみるといいと思います。

BTOを簡単に説明しますと、受注生産方式のことで、
好きなようにカスタマイズして注文することができるパソコンです。
有名なショップですと、〔ドスパラ 〕などがあります。

パソコンの基本的なことについてはこちらを参考にしてみてください。