ペイントツールSAIの解説


ペイントツールSAI」とはデジタルイラストを制作できるソフトです。
線画や色塗り、使い方はとてもシンプルで基本画面が見やすい特徴があります。
ペイントツールSAIはお絵かき初心者さんにも、上級者さんにもおすすめできるソフトです。

ペイントツールsaiは「有料版お絵かきソフト」ですが、31日間使える無料体験版もあります。
公式サイトの概要にあるように気軽に、気持ちよく線を描くことができます。

ペイントツールSAIのメリットとデメリット

・メリット

・綺麗な線を描きやすい。
・複数のファイルを同時に開くことができる。
・動作が軽い。
・無料体験版で試してから購入できる。
・多くの人が使っているので質問or調べやすい。
・初心者でもわかりやすいインターフェイス。
・windows XP、7、8、8.1のOSでも使う事ができる

・デメリット

・写真加工には向いていない。
・文字入力ができない。
・GIFなどのファイル保存ができない。
・テクスチャは自分で追加しないといけない。
・公式ダウンロード販売しかない。

有料版ペイントツールSAI無料体験版の違い

無料版、有料版共に公式サイトからダウンロード・インストールできます。
有料版を購入する前に必ず無料で使い心地や描き味、正常に起動・動作するか試しましょう!

・無料版と有料版では、使える機能などの差はありません。
試用期間が切れると画像ファイルの保存ができなくなり、
ファイルの読み込みもできなくなります。

有料版は購入したら何度もダウンロードすることが可能です。
PCを変更したときにも使えます。
5400円(税込み)を支払ったらその後お金は一切かかりません。

ペイントツールSAIをおすすめする理由

私は初心者の頃、いくつかのお絵かきソフトを使いましたが、
ごちゃごちゃ機能がたくさんあって困ってしまいました。

どこに何があるのかわからないインターフェイス…
機能が多いけれど覚えることがたくさんあり、気軽にお絵かきを始められない!
正直デジタルイラストは難しいんだと挫折しそうになりました。

ペイントツールSAIを使ってみてわかったのが、
難しいことを考えなくても感覚的に操作できることです。

他のソフトと併用することで、文字入れ・加工などもできるので安心ですね!
私は線画をペイントツールSAIで描いて、仕上げの加工は別のソフトでやっています。

ペイントツールSAIを使うための必要スペックなど

【最低動作環境】

コンピュータ PC/AT互換機
OS Windows98/2000/xp/vista/7/8/8.1
※64bit Windowsでも動作可
プロセッサ MMX対応 Pentium450MHz以上
メモリ Windows 98/64MB以上
Windows 2000/128MB以上
Windows xp/256MB以上
Windows Vista/1GB以上
HDD 512MB以上の空き容量
ビデオ 1024×768 1677万色
入力装置 筆圧対応タブレット

参考:ペイントツールSAI公式サイト

有料版を購入する前に、無料体験版で動作するか試すことをおすすめします。
大きいキャンバスサイズ・解像度、レイヤー枚数を多めに使うなら、
PCのメモリは4G~にすると余裕があると思います。