お絵かきマナーの考え方

今回のテーマはは、絵描きのマナーに関することになります。
最近よく見かけることをまとめました。

例えば…

・絵を勝手に使われた
・せっかく描いたのに感謝の言葉をもらえなかった
・イラストの悪口を言われた(下手だと言われた)
・著作権がわからない

などなど、いろんなところでお見かけします。
では、さっそくマナーについて考えていきたいと思います。

絵を利用する側のマナー

利用する側のマナーといえば、作者の許可なく、
無断で使用しないことですよね。

個人的に楽しむなら問題ないのかもしれませんが、
多くの人が利用しているサイトや、ブログ、SNSなどで公開してしまうと。
トラブルの原因になってしまいます。

最近では画像も気軽に投稿できてしまうので、被害にあう方も多いようです。
そのなかでも最も悪質なのが、
他人のイラストを自分で描いた!という人もいることですね。
果たしてこれは良いことなのでしょうか?

一生懸命何日もかけて描いたイラストが勝手に使われたら…
全く見知らぬ人が自分の絵を「私が描いた」と公言していたら
きっと嬉しくないですよね。

宣伝されて嬉しいという人もなかにはいるかもしれませんが、
嫌な人が大多数だと思います。

■イラストを描くのにお金も時間も掛かってます。
例えば、一枚の絵を完成させるのに数時間~数十時間かけてる人もいます。
もっと時間をかける人は数日~一週間かけることも珍しくありません。
デジタルといえど作成ソフトだったり、ペンタブだったりお金もかかります。

上記でも言ったように無断使用はしないことです。
その人の気持ちを考えたら当然のことですよね。

著作権に気をつけることは自分を守ること

著作権をご存知でしょうか?
作られた物や、絵には「著作権」がからんできます。

簡単に説明しますと、
本人の許可なく作品を使用することができない決まりのことです。
私たちが利用しているCD、DVD、映画、ドラマ、漫画にも著作権があります。
許可なく無断で使用した場合には権利の侵害として、
訴えられる可能性がでてきます。

無料で提供されているもの画像や絵のなかにも、
利用規約などがあるので気をつけましょう。
特に最近ではツイッターなどで無断使用されている画像を多くみかけます。

多くの人が利用しているということは、
それだけ目につく場所にあるということです。
企業で使われているイラストで実際に個人が訴えられたケースもあります。

難しいことではなく、「勝手に使わない」を守ってたら大丈夫です。
どうしても使いたい場合は許可をもらってから気持ちよく使いましょう。

イラストは時間が掛かる!感謝の言葉を忘れないこと

よく絵を依頼される方々に多いみたいですが、
せっかく描いてもお礼の言葉をもらえない…と嘆いている人を見かけます。

インターネットというと顔も見えない相手ですから、
言葉にしないと何を考えてるのか読み取れません。

友人ではなく、初対面ならほとんど何もわかりませんよね。
日常生活でも挨拶は基本だと思います。

何かをしてもらったら、「ありがとう」の一言は忘れないようにしたいですね!

絵を描いた人もきっと依頼してくれた人のためを思って描いたはずです。
描いた絵に対価としてお金が絡んでくると違うかもしませんが、
無償で描いてくれたのならしっかりお礼を言った方が、
お互い気持ちの良い関係で終わるはずです。

絵を見るのは一瞬ですが、絵を描く時間が使われています。

何かを与えてもらったら何かを返せと言っているわけではありません。
お絵かきのマナーというか、人としてのマナーは大切です。

絵の考え方は人によって違うことを忘れてはいけない

絵の描き方、塗り方、どこから描くのか、目はどうしたらいいのか。などなど、
私の持論ですが、絵描きにルールはないと思っています。

極端に言うと、関節がはずれてたっていいし、
デッサンが狂っていても構わないと思っています。
真っ白い紙に思いのまま描けば、それだけで素敵なイラストですよね!
上手い下手だとか関係なく、自分にしか描けない絵を目指してほしいです。
絵が上手な人の真似をしなくても構わないと思うのです。

描いていると忘れがちになってしまうのが、
絵を描き始めたばかりのころの気持ちです。

うまい絵がすべてになってしまい、
自分の個性を消そうとするのはもったいないです。
世の中全部同じような絵だったら見る側もつまらないですよね。

上記であげたのは私の絵に対する価値観ですが、
絵の考え方はみんなそれぞれ違います。
人によっては流行の絵でないと価値を見出せない人もいます。
反対に一般的少し古い絵柄のほうが好きな人もいるんですよね。

そう考えると面白いですよね!両極端な考え方です。
絵の描き方、見方は人ぞれぞれ違います。
100人いたら100人がうまいという絵は存在してないからです。