線画を綺麗に見せたい

私が初心者の頃思ったのが、とにかく線画がうまくならない事です。

だけど、やっぱり線画が上手くなりたい!上手い人の線画と自分の線画は何かが違う…それから何年か経って気づいた事があります。
今回のコラムでは線画が上達した経験談を書きました。

よかったら参考にしてみてください。

清書すると下手に見えるのは何故?

下書きでは上手く描けた、と思って清書してみたらなんだか下手に見える…
丁寧に清書したつもりなのに!って経験は誰にでもあるはずです。

ラフスケッチの段階では何本もの線で描いてしまってますよね。
そんなとき人間の脳は形が良く見える線を勝手に判断してしまうようです。

下書きと清書

画像の左が何本もの線で描いてしまったときです。
真ん中が線を意識しないで描いたときの線です。
そして右が線をちゃんと選んで清書したときの線です。

そういえば私も美術の時間に先生から、
なるべく一本の線で描く様に言われた事がありました。

線画を上手く見せるためには納得いく「一本の線」を、
繰り返し修正しながら練習していくと良いですね!

上手い人の線画を真似する

ここでいう真似するはトレスの事ではなく、ひたすら「模写」する事です。

パクリ、真似するなどと捉えると悪いイメージですが、けしてそんな事はありません。
イラストの上手い人も何かしら見本を用意して描いてます。

※まるまるトレスしたものを自分の絵だと主張するのは駄目です。

反対に全体のバランスが悪いなと思ってる人は想像で描いてることが多いです。
とにかくよく観察する事が線画を上手く描くコツです。

想像で描いてしまうよりも何かを描こうと思ったら見本を用意する癖をつけると良いですね!

何度も繰り返し練習していくうちに、頭のなかに上手い人の線がインプットされていきます。
模写は効果がある練習方法なのでぜひ頑張ってみてください。

絵を見直す癖をつけよう!

絵を描き始めたばかりの頃って意外と見落としてる部分が多い。
見直しはとても重要!描き終わってから勝負です。

集中して描いてると自分の絵に慣れてしまい、正しい線で描かれているのかわからなくなります。
次の日見たら「こんな絵だったっけ?」なんてことありますよね… 

特に拡大しながら描いてると気づかない事も、
縮小したときにバランスが崩れてるのがわかります。

私は線画を描いたら一日置いてみることにしてます。次の日に見直して色塗りを始めています。
おかしい部分が修正できればさらに綺麗な線画を描けると思います。

今回のまとめ

どんな絵描きの名人でも練習しなかったら上手い絵は描けなかったでしょう。
プロのイラストレーターや絵が上手な人が口を揃えていうことといえば「描き続ければ上手くなる」ということ。

実際私はデジタルイラストを始めて何年か経ち、
最初に完成させた絵と今の絵を比べると全く別人が描いた絵になってます。

絵がうまくなりたいと思ってたときは、もやもやした気持ちでいっぱいでした。
早く上手くなりたい!自分よりも上がたくさんいるし、絵の才能ないかもしれない。
などなど…考える事はどうしてもネガティブな方向に…。

今は上手さだけを求めてしまうよりも、楽しいから絵を描いてるんだと思うようにしてます。

ただ上であげたように絵を上手く見せるコツは、上手い人の線画を見ながら描き続ける事です。
何枚も何枚も描いて過去の自分の絵と見比べてみてください。
できれば人に見せておかしいところを指摘してもらうといいですね。

そして、普段の生活でも意識して人や物を見てみてください。
描くだけが絵の勉強ではないと思います。
意識して観察力を向上させることで、絵にも良い影響がでてくる事もありますよ!

焦らず、のんびりゆっくり描いていきましょう。
私はそう思って楽しんで絵を描いています!