クリップスタジオペイントってなに?

CLIP STUDIO PAINT(クリップスタジオペイント)とはイラストや漫画制作をすることができるペイントソフトです。通称クリスタ。

イラスト制作ソフトでは販売台数一位を記録。アマチュアからプロまで幅広いユーザーに支持されているソフトです。(2015、2016、2017年にBCNアワード グラフィックスソフト部門最優秀賞)また、イラストレーターや漫画の専門学校や企業などで使われていることも多いペイントツールです。

公式動作環境

以下は簡潔ですが、公式が推奨しているパソコンスペックです。

OS

Windows 7 ServicePack1以上 8.1 10

メモリ

2GB以上のメモリ必須 8GB以上推奨

HDD

3GB以上の空き容量

インターネット接続

オンラインによるライセンス認証用にインターネット接続が必要
※携帯でも認証可

入力対応フォーマット

BMP、JPEG、TGA、TIFF、PSD、PSB、IPVなど

出力対応フォーマット

BMP、JPEG、TGA、TIFF、PSD、PSBなど

クリップスタジオ公式サイト動作環境ページ

使っているパソコンについて

動作環境を満たしていれば特に問題なく使うことができますが、少し古いパソコンを使っている方は動作が重くなる可能性があります。メモリ容量が少なかったり、CPU性能が低いと動きがカクカクして作業に支障が出てしまうことがあるので気をつけましょう。

公式サイトでは、体験版もダウンロードできるので、まず使っているパソコンで動作に問題ないか試してみてくださいね!パソコンに関して何もわからない!という方は「パソコンスペックの基本」のページを参照してみてください。

ライセンス認証について

インターネット接続によるライセンス認証についてですが、公式サイトに記載されているように、携帯電話でもライセンス認証が可能です。インターネット未接続のパソコンで使う予定ならお試しを!

クリップスタジオEXとPROの違い

クリスタには「CLIP STUDIO PAINT PRO」と「CLIP STUDIO PAINT EX」、2つのソフトがあります。PROはスタンダードなソフトで、EXはPROの機能+追加機能となっています。

価格はEXとPROとでは違うので、どちらにしようか迷っている方も多いと思います。下記ではEXとPROの特徴を紹介してみましたのでよければご参考ください!

クリップスタジオPROについて

CLIP STUDIO PAINT PRO

デジタルイラスト制作が初めてで、イラストを主に制作する予定ならPROをお勧めします。

■クリスタPROの便利なところ■
・イラストや漫画に特化したツールが豊富!
・ブラシを自由にカスタマイズできる!
・描いたあとでも形や太さを変更可能
・3Dデッサン人形ツールがある
・パース定規ツールで初心者でもパースをとりやすい
・公式やユーザーが作った素材をダウンロードできる

※クリップスタジオにはたくさんのツールがあり、すべて紹介するのは難しいので、上記はいくつかの便利なツールをあげてます。

クリスタで特筆する部分として、ブラシやトーンやフキダシ、テクスチャなどの素材を無料でダウンロードして使えること!素材を多く使えるということは、それだけ幅広いイラスト制作をすることができます。他のお絵かきソフトでも、素材ダウンロードできるものはありますが、クリスタはダウンロードできる素材数が圧倒的に多いので、気に入る素材を見つけやすいです!

その他にも便利なのが3Dデッサン人形ツールです。この3Dデッサン人形は頭や体など部分的に変更することができるので、好きな体型を参考にすることができます。絵を描くときに困るのがポーズですが、クリスタの3Dデッサン人形を使ってみると複雑なポーズも描きやすくなります。ポーズが思い浮かばないときも、ぜひ使いたいツールですね!

クリップスタジオEXのみで使えるツールの一部

CLIP STUDIO PAINT EX

上記で紹介したクリップスタジオPROの機能に加え、EXでは漫画に特化したツールなどを使うことができます。EXのみで使える機能は以下の通りです。

CLIP STUDIO PAINT EX

・台詞を一括編集できる
・Wacom Manga Canvasとの連携ができる
・制作した作品の管理機能がある
・複数人との作業を管理できる
・作品管理ウィドウでページの追加・順番を入れ替えすることができる
・入稿用データの製本処理機能
・Kindleフォーマットの出力機能
・EPUBフォーマットの出力機能
・写真や3Dモデルから輪郭線や色面を抽出
・3D素材を配置時に4方向から確認することができる
・3Dプレビューで仕上がりを確認することができる

※上記の表はEXで使える一部の機能を記載してあります。

EXはPROにはない、とても便利なツールが多く入っていますが、PROが数千円なのに対し、EXはその数倍の価格になっています。また、EXは漫画の管理や、出版に関する機能が多いです。上記の表の機能が必要じゃなかったり、イラストのみを制作する予定なら価格の安いPROの方がいいかもしれません。

クリスタを選ぶときには、イラストを重点的に描くか、漫画を描く(出版を視野に入れている)かを決めた方がいいでしょう。

パッケージ版とダウンロード版の違い

EXとPRO、両方ともパッケージ版とダウンロード版から選択できます。パッケージ版とは店頭などで販売されている箱に入ったものです。ダウンロード版は公式サイトで販売しています。


機能の違いはないので好きな方を選んでOKです。ちなみに価格はダウンロード版の方が安いです。それと、ダウンロード版は1度きりではなく、シリアルキーがあれば何度もダウンロードすることができるので安心してくださいね。

クリップスタジオPROパッケージ版は上の画像になります。パッケージ版には通常のものと、「公式リファレンスブック」というものが付いているものがあります。本の内容はクリスタを初めて使う人用にツールの使い方などが載っています。

リファレンスブックは、ペイントソフトに慣れているなら必要じゃないと思いますが、ペイントソフトが初めてなら使い方やツールの名前を覚えやすいのでおすすめです。

クリスタパッケージ版の内容は「スタートアップガイド」「アプリケーション/素材ディスク」「インストールガイド」「シリアルキー」になります。シリアルキーはCDケースにあります。なくしてしまうと再発行できないので、大切に保管しておきましょう!

クリスタ関連書籍

クリスタはたくさんのツールがあるので便利ですが、逆に多機能すぎて専門用語や使い方がわかりにくいかもしれません。クリスタに関する書籍も数多く販売されているので、いくつか読んでみるのもいいと思います。

私はクリップスタジオのパッケージ版に付属していた公式リファレンスブックを参考にしています。パッケージ版を購入しなくても公式ブックは単体でも販売されているので、必要だと思ったら別に購入するのもいいかもしれません。

もちろん、クリスタのスタートアップガイド(マニュアル)で使い方を理解しているなら不要です!

クリスタPROの公式リファレンスブック

CLIP STUDIO PAINT PRO 公式リファレンスブック

公式のセルシスが販売しているクリスタの基本的な使い方を解説している本です。ページとしては非常にわかりやすく丁寧につくられているので、初心者の方でも理解しやすい内容となっています。

描かれている内容としては、キャンバスの作成やレイヤー、パレットなどの、初心者が躓いてしまう部分を重点的に描かれたものとなっています。特にお絵かきソフトが初めての方や、クリップスタジオを初めて操作する方には便利な一冊です。ただし、絵の描き方や塗り方を解説した本ではないので気をつけましょう。

クリスタEXの公式リファレンスブック


CLIP STUDIO PAINT EX 公式リファレンスブック

こちらはクリスタのEX版の公式ブックです。内容としては、EXでプラスされているページ管理の方法や漫画制作の工程などが書かれています。PRO版と違い、クリスタの基本的な使い方は省かれているので、初心者だと少し難しく感じる部分が多々あるかもしれません。初めてクリスタを触る方は上のPRO版の方がわかりやすいと思います。本書はどちらかといえば、ある程度クリスタを使いこなせている方向けです。