写真や画像を加工・編集ができるソフト

今回はイラストではなく画像や写真を編集できる
Elements12についての記事になります。

どんな事ができるのか少し触れてみたいと思います。

Photoshop Elementsとは

PhotoshopElements」とは写真・画像編集ソフトです。
そのなかでもPhtoshopElements12は
気軽に写真加工や編集をしたい人向けに製作されています。

以下Elementsの機能について触れてみました。

本家PhotoshopとElementsの違いって?

従来のPhotoshopは初心者には少し難しく、
どちらかといえば中級者や上級者向けに作られています。

編集や加工するのには欠かせないソフトですが、
価格が高い事と、全くの初心者では理解するまで時間が掛かると思います。

反対にElements12は価格が安い事と、
誰でも簡単に操作できる基本画面なので初心者向けです。
ちょっとした写真や画像を編集したい人に向いているソフトです。

Elements12は直感的に操作できる!

直感的?といわれるとどんなものを想像するでしょうか。
初めて触るソフトってどこに何があるのか、
どんな機能が付いているのかわからなくなる事はありませんか?

 photo

 Elements12の基本画面操作です。
クイックモード」を使えば初心者でも参考画像を選びながら変化を知れます。

直感的な感覚操作できるので、
難しい事を一切考えなくても編集や加工ができてしまいます。

 クイック・ガイド・エキスパート

 クイックモードは初心者向けな一目でわかる操作性に優れてますが、
さらに細かく編集したい人向けに、「ガイド」「エキスパート」と
二つのモードが用意されています。

ガイドモード

こんな感じにわかりやすい選択画面なので、
初めて触れる人でもすごくわかりやすいと思います。

モードによって効果の内容が書かれているのは助かります。
どのような効果か忘れたときも安心ですね!

個人的な意見ですが、
画像編集ソフトなどはインターフェイスがわかりづらいものが多いと感じます。
その点Elements12のクイックモードとガイドモードは
初めて編集・加工ソフトを扱う人でも簡単に操作できるのは嬉しいですね。

ただクイックモードで選択できる効果やフレームなどは少ないと感じました。
種類が用意されてる訳ではないので、
その場合、ガイドやエキスパートモードを使うといいですね!

Elements12の便利な機能

全部の機能を説明すると長くなってしまうので、
今回は私的に便利だと思ったものを紹介します。

人や物を指定先に移動できる

移動編集

人や物をツールで囲んで簡単に移動する事ができます。
元々居た場所の背景などは自動的に修正してくれるので安心です。
撮るのをミスしてしまったときなどに役立ちますね!

編集した写真をすぐに公開する事ができる

 写真共有

ツイッターやフェイスブックなどに公開するのもすぐできます。
画像や写真を共有したい人にとっては使える機能です。

Elements12から編集して投稿する事ができます。

他にもグリーティングカードやフォトブックにできる機能や、
画像や写真を簡単に整理して管理する事ができます。

簡単に紹介してしまいましたが、前回のElements11よりも
優れた機能が多かったので紹介してみました。

体験版もあるので一度触れてみる事をおすすめします。
よかったら参考にしてください。

・Amazonレビュー
・楽天評価